JA全農ひろしまたまご広場

お知らせ

更新日:2018.05.01

たまご2個でみんなでニコニコ!卵の魅力伝える自転車リレー

JA全農ひろしまと県内の養鶏関係業者は、全国の養鶏・鶏卵関係団体が開催している
「たまごニコニコ大作戦AGAIN2018」の広島県内でのイベントに参加しました。
同企画では、「たまごの素晴らしさをみんなに伝えよう!!」を共通のスローガンに、
養鶏関係者が自転車でタスキをつなぎながら、各地でイベントを開催し、
卵の魅力を多くの消費者にアピールします。
お揃いの黄色いTシャツを身につけた参加者達は、愛媛県今治市でタスキを受け取り、
県内を自転車で走行。途中、宮島口で、卵の正しい知識や魅力を消費者に伝え、消費拡大を呼びかけました。
その後山口県岩国市まで走行し、タスキをつなぎました。
全農ひろしま鶏卵課は、「この活動を通してもっと卵を身近に感じてもらい、消費拡大に繋がってほしい」
と期待を込めます。
この企画は、たまごに関する正しい知識の普及により、1日2個のたまごを食べることを推進する
プロジェクトの一環で、全国6エリアで同時スタートし、5月31日に名古屋市で行われる
「国際養鶏養豚総合展」会場でゴールします。

たまご2個でみんなでニコニコ!卵の魅力伝える自転車リレー1